プロフィール

Kazu

管理人:Kazu

講演活動もこなすスーパー(?)アフィリエイター。アフィリエイト収入を元手に株にチャレンジするも依然へっぽこ投資家のまま。

代表サイトは3つ。いずれもプロフにこの写真が貼ってあるので暇な人は探してみてください(笑)

カウンタ

ネット証券リンク
ASPリンク(PC)
ASPリンク(モバイル)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    



▼△ランキングに投票いただけると感激します m(_ _)m
 FC2 Blog Ranking / 人気blogランキングへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
アフィリエイトサイトは軽蔑される?!
アフィリエイトは白い目で見られています。言い換えれば『アフィリエイト広告を貼っているサイトは貼っていないサイトと比較して訪問者からの印象が格段に悪い』ということ。何故でしょうか?     



▼△ランキングに投票いただけると感激します m(_ _)m
 FC2 Blog Ranking / 人気blogランキングへ


アフィリエイトがメディアで取り上げられるようになり、ノウハウ本も氾濫して『お小遣い稼ぎ』としてのイメージがアフィリエイトに定着しつつあります。

この『お小遣い稼ぎ』、仕掛けるほうからすれば魅力的な言葉ですが、ユーザーからすれば印象の良い言葉であるはずがありません。訪問者をうまく誘導して利益を上げようとするわけですから。

訪問者を誘導して・・・これはリアルな店舗にもあてはまるので何もアフィリエイトに限ったことではない!と反論する方もいるかも知れません。

しかしここにインターネット特有の『うさんくささ』が加わって『アフィリエイトサイトで何か変なものを購入させられるのではないか』『アフィリエイトサイトの情報は信用できないのではないか』というイメージをユーザーに抱かせてしまうのです。

アフィリエイトで大きく儲けようと考えるならサイトから『お小遣い稼ぎ』的な印象を払拭することが大切。

イメージを払拭するにはどうすればよいでしょうか?

簡単です。まず『儲けたい』という『売らんかな』的思想を捨てて、コンテンツをどんどん充実させていくことです。訪問者の喜ぶことは何でもやってあげることです。

一見、遠回りしているように感じられるかも知れませんが、長くアフィリエイトを楽しむためには発想の転換が必要です。

スポンサーサイト
アフィリエイトの罠 | 【2006-02-04(Sat) 06:43:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する