プロフィール

Kazu

管理人:Kazu

講演活動もこなすスーパー(?)アフィリエイター。アフィリエイト収入を元手に株にチャレンジするも依然へっぽこ投資家のまま。

代表サイトは3つ。いずれもプロフにこの写真が貼ってあるので暇な人は探してみてください(笑)

カウンタ

ネット証券リンク
ASPリンク(PC)
ASPリンク(モバイル)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    



▼△ランキングに投票いただけると感激します m(_ _)m
 FC2 Blog Ranking / 人気blogランキングへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
検索ロボットにやさしいサイト作成術(SEO)
Googleのキーワード検索で上位に表示されるためには、Googleロボット(インターネットを徘徊してWeb情報を集めるシステム)にとってわかりやすいウェブサイトを作る必要があります。せっかくたくさんのサイトと相互リンクしても、時間をかけてサーチエンジンに登録しても、HTMLタグの書き方が適切でなければ、ロボットはあなたのサイトを『上位表示すべき』と判断してくれません。なので、GoogleロボットにわかりやすいHTMLタグの書き方を紹介します。     



▼△ランキングに投票いただけると感激します m(_ _)m
 FC2 Blog Ranking / 人気blogランキングへ


まず、あなたが作ったウェブサイトをチェックしてみてください。

① 複数のコンテンツを扱っている
② フレームを使っている
③ ページタイトルを設定していない
④ METAタグを指定していない
⑤ 画像にalt=""で説明を指定していない
⑥ それぞれのページからトップページにリンクを指定していない

いくつあてはまったでしょうか?これらの項目はロボットにわかりやすいウェブサイトを作る基本中の基本です。もし、Yesのチェックが1つでもあるならロボットにとってわかりにくいサイト。逆に、すべてNoならそれなりにわかりやすいサイトということになります。以下に解説してみます。

①について、複数のコンテンツを扱っているというのは、例えば1つのサイトに『ネット副収入の紹介』『料理のレシピ』『株式情報』などメインとなるコンテンツが複数混在している状態。これではいったい何をテーマに扱っているサイトなのかロボットでなくても判断に困ります。

判断がつかないということは、あなたが意図するキーワードで検索上位に表示されないということ。ウェブサイトを作るときはテーマを1つに絞り込むことがポイントです。どうしても複数のテーマを扱いたいときはそれぞれにURLを指定して別々のサイトにするとよいです(例えばそれぞれのテーマにつきindexページを作るとか・・・)。

②について、フレーム処理は便利なツールですがSEOには適しません。特に、ウェブサイトの内容を凝縮しているはずのトップページをフレームにしてしまうと、フレームを指定するHTMLタグにはコンテンツが記述されませんので、ロボットは『コンテンツなしのページ』と判断してしまいます。

また、よく見かけるトップページには画像とEnterだけで、Enter以下のページに主要コンテンツが配置されているというデザインもやめたほうが賢明です。理由はフレームと同様、トップページには内容がないわけですから、ロボットは『コンテンツなし』と判断してしまいます。

③と④について、ページタイトルとMETAタグは必ず指定しましょう。これらはページの概要を示すものとしてロボットが重視するポイントです。例えば私が『アフィリエイトのコンプライアンス』をテーマにしたウェブページを作成するとしたら以下のようなタイトルとメタタグを<head>以下のHTMLタグに挿入します。

<title>アフィリエイト&コンプライアンス</title>

<meta http-equiv="description" content="アフィリエイトでサラリーマンながら月50万円以上稼いでいるサラリーマンアフィリエーターがアフィリエイトのノウハウからコンプライアンスまで紹介。">

<meta http-equiv="keywords" content="アフィリエイト,アフィリエーター,コンプライアンス">

タイトルはサイトの内容をワンフレーズで表す言葉を記述します。Metaタグのdescriptionは、サイトの概要を示すものなので上位表示させたいキーワードをちりばめた説明文を指定します。Metaタグのkeywordsにはサイトに関連する単語を並べておきます。

⑤について、画像に説明文を挿入していないウェブサイトをよく見かけますが、SEOの視点から考えるとalt=""を使って説明文を記載したほうが良いいです。説明文は上位表示させたいキーワードをうまくもりこんだものを作成しましょう。

⑥について、ウェブサイトはトップページ以下の複数ページから構成されるのが一般的ですが、それぞれのページから必ずトップページにリンクを貼るようにしましょう。理由は、Googleロボットは被リンク数が多いページほど上位表示させるべきだと判断するからです。同一サイト内で内部リンクして被リンク数を増やしましょう。

その他、スタイルシートを使う方法や強調タグを使う方法、キーワード出現率などSEOにはいろいろな手法がありますが、まずは①から⑥を実践してみてください。きっとキーワード検索の表示順位があがると思います。
スポンサーサイト
アクセスアップ | 【2006-02-09(Thu) 22:55:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する